MOVIE CONTENTS LAB

インスタグラムの動画は何秒まで?投稿できる時間の長さ

2017/10/30

インスタグラムの動画の長さ

若者の間でマストSNSと言えば、今やインスタグラム。写真や動画を手軽に投稿してシェアすることを中心につくれられており、今やFacebookからインスタグラムに若い人は移っています。元々は写真用に作られたインスタグラムですが、最近では動画の投稿を頻繁にする方も多いのではないでしょうか?今回はインスタグラムへの動画投稿できる動画の長さやサイズなどをご紹介します。

インスタグラムの投稿動画の時間の長さ

インスタグラムの各動画の長さ
インスタグラムは、3秒~60秒の動画を投稿することができます。3秒以下や60秒を超える動画は投稿ができません。投稿する場合は動画の長さが範囲内になっているのか確認が必要です。

参考:動画は何秒間録画できますか。 | Instagramヘルプセンター

インスタグラム
参考:動画の再生: Instagram動画 | Facebook広告ガイド

15秒から60秒に長さが変更

元々の動画の最大の長さは15秒だったのですが、2016年の中頃のアップデートで60秒に変更になりました。理由は、インスタグラム内の利用者の動画再生の割合が40%を超えたからです。加えて視聴時間も滞在時間も長くなっているため、秒数を長くしてインスタグラム内で楽しんでもらえる投稿を増やし、他のプラットフォームへ流失するのを防ごうとしていると言えます。60秒に制限したのは、余りに長い動画は最後まで視聴する人が少ない傾向があるためだと考えられます。

また、動画をつなぎ合わせて1つの動画として投稿できる機能もインスタグラムでは提供しています。

再生回数の長さは何秒でカウントされるか

動画の指標は、通常再生回数がインスタグラムでは投稿毎に表示されています。では、再生回数としてカウントされるのは何秒からでしょうか。再生回数としてカウントされるには一定時間見られることが必要で、3秒以上再生されて1カウントとして計測されます。3秒未満の場合は表示されていたとしてもカウントされません。動画の冒頭に引きが強い絵をもってくることで再生回数を稼ぐことができます。

参考:動画が何回視聴されたかを確認することはできますか。 | Instagramヘルプセンター

インスタグラムのストーリーの長さ

インスタグラムの動画といえば、タイムラインではなく24時間以内で投稿が消えてしますスナップチャットのような機能も最近人気を見せています。こちらは最大15秒だと報告されています。

インスタグラムの動画広告の長さ

Facebook広告から配信できるインスタグラムの動画広告はどうでしょうか。こちらは、動画と同様に最長60秒の長さで投稿ができます。

参考:動画の再生: Instagram動画 | Facebook広告ガイド

「継続的な動画マーケティングを行いたい」と思うあなたへ

当媒体MOVIE CONTENTS LABを運営するカクテルメイク株式会社では、映像制作をはじめ、動画広告の支援や動画メディアコンサルテイングや立ち上げ支援など動画マーケティングに関するお仕事をおこなってきました。

多くのお客様を支援してきて、企業の動画活用には「制作ノウハウ」「コスト」などの課題があることがわかりました。

そこで、知識不要・最短1分で動画コンテンツの内製化を支援するサービス「RICHKA(リチカ)」を開発しました。

「継続的な動画マーケティング」を行いたいとお考えの経営者・事業責任者・マーケッターの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

知識不要・最短1分動画生成ツール「RICHKA(リチカ)」はこちら

運営会社提供サービス

動画のコンテンツマーケティングサービスmovicoが運営しています

カクテルメイク株式会社が運営するmovicoは、企画・制作だけでなく戦略立案、分析、広告運用までデータに基づいた運営を実現しているサービスです。制作する動画は、モーショングラフィックスに特化し、撮影を極力行わないことで圧倒的な高速納品を実現しており、月間約300コンテンツを制作しております。

動画×コンテンツマーケティング研究メディア

MOVIE CONTENTS LABでは、コンテンツマーケティング中でも主に動画を活用した事例や最新情報をお届けします。
SNSや広告、分散型メディアなど、マーケティングに携わる方に役立つ情報をお届けします。