MOVIE CONTENTS LAB

フリークエンシー(Frequency)とは?

2017/10/27

スクリーンショット 2017-10-26 18.39.20

スクリーンショット 2017-10-26 18.39.30

あるユーザに対して、その広告が何回表示されたのかを指す

フリークエンシー(Frequency)は特定の広告が、あるユーザに表示された回数を指す言葉です。

リーチと混同されがちですが、リーチが割合を測る指標であるのに対して、フリークエンシーは回数を測る指標であり、異なるものです。リーチ(幅)とフリークエンシー(深さ)を合わせて考えることで、より効果的な広告出稿を考えることができます。

フリークエンシーは多ければ多いほど良いのか?

複数回見てもらえないと効果を発揮しない(この回数を「最低有効フリークエンシー」といいます)ものもあれば、あまり何回も見られると逆効果となる(この回数を「最高有効フリークエンシー」といいます)ものもあります。

そのため、媒体によっては1ユーザに対する広告の表示回数を制限する設定ができるものもあります。

また、表示回数のカウント方法が動画広告の場合異なるケースもあります。たとえばGoogleAdWordsではカウントする表示された時間が、ディスプレイ広告の場合は1秒、動画広告の場合は2秒と異なっています。

「継続的な動画マーケティングを行いたい」と思うあなたへ

当媒体MOVIE CONTENTS LABを運営するカクテルメイク株式会社では、映像制作をはじめ、動画広告の支援や動画メディアコンサルテイングや立ち上げ支援など動画マーケティングに関するお仕事をおこなってきました。

多くのお客様を支援してきて、企業の動画活用には「制作ノウハウ」「コスト」などの課題があることがわかりました。

そこで、知識不要・最短1分で動画コンテンツの内製化を支援するサービス「RICHKA(リチカ)」を開発しました。

「継続的な動画マーケティング」を行いたいとお考えの経営者・事業責任者・マーケッターの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

知識不要・最短1分動画生成ツール「RICHKA(リチカ)」はこちら

運営会社提供サービス

動画のコンテンツマーケティングサービスmovicoが運営しています

カクテルメイク株式会社が運営するmovicoは、企画・制作だけでなく戦略立案、分析、広告運用までデータに基づいた運営を実現しているサービスです。制作する動画は、モーショングラフィックスに特化し、撮影を極力行わないことで圧倒的な高速納品を実現しており、月間約300コンテンツを制作しております。

動画×コンテンツマーケティング研究メディア

MOVIE CONTENTS LABでは、コンテンツマーケティング中でも主に動画を活用した事例や最新情報をお届けします。
SNSや広告、分散型メディアなど、マーケティングに携わる方に役立つ情報をお届けします。