MOVIE CONTENTS LAB

MOVIE CONTENTS LABでは、コンテンツマーケティング中でも主に動画を活用した事例や最新情報をお届けします。
SNSや広告、分散型メディアなど、マーケティングに携わる方に役立つ情報をお届けします。

動画広告の媒体ごとの単価(料金一覧)|2017

2017/05/12

costvideoads20170510_top0313.png

マーケティングに動画広告を導入する際に、企業が必ず重視するポイントのひとつは、広告の単価。

動画広告は、動画の制作費用と媒体への掲載費用が必要となります。自社の動画広告をSNS上でも配信したいと考える企業は、媒体ごとの掲載費用を把握しておく必要があるでしょう。

そこで今回は、動画広告の種類と媒体ごとの特徴を整理してご紹介します。動画広告を検討している企業マーケターの方は必見です。

動画広告の種類

まずは、動画広告の一般的な種類、「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」の違いについての理解が必要です。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTubeなどで配信される動画コンテンツの序盤/中盤/最後に挿しこまれる動画広告を指します。この広告には一般的に「プレロール」「ミッドロール」「ポストロール」「インタラクティブプレロール」の4つのフォーマットが存在します。

プレロール広告」は、動画コンテンツが再生される前に表示される広告動画のことです。5秒経てばスキップできるもの(「スキッパブル広告」とも呼ばれる)と、スキップができないもの(「ノンスキッパブル広告」)があり、ユーザーの意識を乱すことなく広告動画を視聴してもらえるかがポイントです。

と言うのも、ユーザーは動画コンテンツを視聴する目的でアクセスしているため、スキップされてしまうことも多いのです。

それに対し、動画の中盤に流れる「ミッドロール広告」は、比較的離脱率は低く、流すような感覚で動画広告を視聴されます。

コンテンツ動画の最後に流れる「ポストロール広告」は、動画コンテンツが終わった後の広告なので、よほど関心を引く広告でなければユーザーは最後まで視聴しない傾向が指摘されています。

インタラクティブプレロール広告」はプレロール広告の一種でもありますが、複数の動画コンテンツを同じ画面上に並べたり動画広告に関連する情報を表示させたりと、ユーザーが自ら操作し情報を得る形式の動画広告を指します。

関連記事:

インストリーム広告って何?動画広告の種類を覚えよう | コマケンby movico

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、ウェブサイト・ウェブメディア上で配信する動画広告の総称です。こちらもインストリーム広告と同じく4つのフォーマットが存在します。

まず、ウェブサイトのバナー枠に動画を配信する「インバナー広告」です。スクロールしてバナー枠が画面に入り込むと自動で動画を再生させたり、カーソルを再生画面に乗せるだけで動画画面が自動で拡大させるというような、様々な仕掛けが盛り込まれています。

つぎに、ウェブメディアのコンテンツ記事内に埋め込まれた動画広告「インリード広告」です。ユーザーが埋め込まれた部分まで到達しなければ無視されてしまうこともあります。

さらに、FacebookやTwitterのようなSNSのフィード上に配信する動画広告「インフィード広告」があります。

タイムライン上に表示されることでユーザーによる違和感を排除した視聴を可能にし、SNSの普及に伴いますます増えてきている広告フォーマットです。

インタースティシャル広告」は、ウェブメディアで次のページへ移る際の読み込みの合間に配信する動画広告のことです。モバイルゲームでもよく利用されることも多く、既にダウンロード済みのアプリを土台に配信するためターゲットも絞りやすいと言われています。

関連記事:

アウトストリーム広告って何?動画広告の種類を覚えよう | コマケンby movico

動画広告の媒体の特徴と費用について

それでは次に動画広告を載せることになる各媒体それぞれの特徴と費用について触れておきます。

Facebook

今やSNSを代表するFacebookですが、その10億を超える巨大なアクティブユーザー数が強みと言えます。一般の「マーケットプレイス動画広告」と、大手企業や大手キャンペーン向けの「プレミアム動画広告」の2種類存在します。

マーケットプレイス動画広告では、ユーザー個人の趣味・関心、行動、年齢、性別、居住地などの条件で、デバイスを問わず実在の利用者をターゲットとして絞り込むことができます。掲載期間も1日から指定が可能です。

プレミアム動画広告では、細かいターゲット設定はできず、掲載期間も限られていますが、短期集中型でマーケットプレイスより目立つ箇所に必ず広告が掲載されることになります。

マーケットプレイス動画広告の掲載位置としては、普段見慣れているフィード上に一般の投稿と紛れて表示されるインフィード動画広告と、サイドバー上に表示されるインバナー広告です。プレミアム動画広告はニュースフィード上とアカウントのログアウト画面に表示がされることになっています。

スターバックス広告事例キャプチャ
(出典:Starbucks Canada

広告単価はオークションによって決まり、時期やターゲットというような様々な要素でも常に変動します。10秒以上の再生時間を基準として単価を設定できるインプレッション単価(CPM)リンククリック単価(CPC)で請求タイミングが決まります。

1日の予算は下限100円で比較的低予算で出稿することができますが、広告セットの組み合わせと広告単価の変動次第ではある程度まとまった金額を用意しておく方が効果的のようです。

"fb ads cost"キャプチャ

ちなみに、一般のCPCの例では、2016年Q4の日本企業のキャンペーンの1クリック平均金額は約82円($0.73)だったようで、2013年のYahoo! Financeの記事によると、Facebookの通常の平均CPMは約66円($0.59)であるようです。

[参考]
リンククリック単価(CPC)とインプレッション単価(CPM)では何が違うのですか。」, facebook business
動画広告にはどの種類の最適化を選択したらよい?」, facebook business
Facebook広告の種類と料金の目安は?」, Social Media Lab
The Complete Resource to Understanding Facebook Ads Cost – 2016 Benchmarks!“, AdEspresso

Twitter – プロモビデオ

Twitterは、ツイートのフィード中に自動再生の動画を挿入するインフィード動画広告で「プロモビデオ」と呼ばれています。ターゲットは地域、言語、デバイスなどの他に、フォロワーやツイート内容、キーワードなど、Twitterならではの分け方が特徴です。

 

 

課金方法はプロモーションの目的によって異なりますが、動画だと最低3秒再生された際に課金が発生するCPVが一般的です。

Twitter広告の単価はオークション形式のシステムに基づいていますが、1日や全体の予算の最低金額や利用期間には限界が設けられていないため、企業側もフレキシブルな予算設定が可能です。

2013年のYahoo! Financeの記事によりますと、Twitterの通常の平均CPMは約390円($3.50)だそうです。

[参考]
Twitter広告の料金」, Twitter
How Much Do Ads on Twitter Cost?“, Penna Powers

Instagram

Facebook傘下のInstagramは、もともと画像を中心とするSNSだったこともあり、強みは華やかなイメージと独特の世界観で、モバイル端末からの利用が中心です。フォーマットはフィード上に最長60秒の動画広告を流すインフィード広告で、若い世代へのリーチに強い媒体と言えるでしょう。

Facebookと同じく、地域、性別、年齢、言語、趣味・関心といった詳細なターゲット設定が可能です。動画広告の表示サイズも正方形や長方形を選択可能です。

Instagramキャプチャ
(出典:Instagram

出稿費や計上方法もFacebookのものを用いることになるため1日単位の予算設定をすることができ、広告予算は1日予算×掲載期間の計算でFacebookと同じく低い金額からの出稿が可能です。

Fortuneの2015年の記事によりますと、Instagramの全体のCPM平均は約750円($6.70)とも言われているようです。

[参考]
【事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて」, Social Media Lab

YouTube

無料ストリーミング動画サイトとして成長を続けるYouTubeの広告フォーマットは、動画コンテンツの序盤、中盤に表示させるインストリーム広告と、画面右端に配信をするディスカバリー広告、そしてそれらと組み合わせてスキップができない仕様にした6秒動画のバンパー広告が一般的です。Googleはこれらを「TrueView」と呼んでいます。

インストリーム広告はコンテンツ動画が始まる前や中盤に表示されることが多く、インバナー広告はYouTube視聴画面の右上やYouTubeのホーム画面でも自動再生で動画広告が表示されます。ターゲットの種類は年齢、性別、地域、興味・関心などで設定できます。

▼ バンパー広告事例動画

費用は1日単位で予算を設定できるため、掲載期間と組み合わせることでフレキシブルな調整が可能です。また、広告動画が30秒前にスキップされた場合は料金が発生しないため、効率の高い媒体とも言えるでしょう。

2014年のNYTimesの記事によりますと、30秒以上再生されたプレロール広告の平均CPMは約850円($7.60)だったそうです。

Yahoo! Japan

日本では検索サイトやニュースサイトとして有名なYahoo! Japanも、動画広告向けの様々なフォーマットを持っています。

プレミアムビジョン」「ブランドパネルビジョン」では、PCのYahoo!サイトで最も目立つトップ画面右端部分に動画を配信します。

プライムビジョン」は、Yahoo!の各サービスの最初のページ右端に配信する動画広告で、「(プラチナ)インストリーム」は、Gyao!などの動画コンテンツの再生前や再生中に配信する広告、そして「プッシュダウンビジョン」は、Yahoo!ニュースのコンテンツ上部に掲載される動画広告です。

yahoo!トップページ
(出典:yahoo!

金額と掲載期間は各フォーマットによって異なり、1番高い「プレミアムビジョン」は1週間という掲載期間で5000万~5500万円、「プッシュダウンビジョン」は5日~2週間で500万円~その他のものは7日間~1ヶ月という期間で100万円~というのが相場です。

やはり国内検索サイト大手の強みである大きなリーチ力を生かしたい、ある程度規模の大きい企業向けの媒体と言えるかもしれません。

[参考]
ビデオ広告」, Yahoo!Japan マーケティングソリューション

Snapchat

アメリカの若者の間で特に流行っているSNS、Snapchatも動画広告を取り扱っています。特にフルスクリーンの縦型動画フォーマットを使った広告が特徴的です。

広告動画は最長10秒までで、ライブストーリーとディスカバリー内のコンテンツの間に挿入されるためインフィード広告と言えるでしょう。

チャンネルの種類と地域、性別によってターゲティングが可能です。通常のコンテンツと同じく広告の表示掲載期間にも制限があり、その分希少価値の観点から高い確率で閲覧されるケースもあるようです。

Snapchat ビデオ広告
(出典:Snapchat)

Snapchatのディスカバリー内での動画広告の出稿費用は1日で約563万円($500)、ライブストーリーのでは約280万円($250)かかるとも言われており、まだ大手企業向けの広告媒体とも言えるでしょう。

[参考]
Snapchat Advertising Costs – A Breakdown Of Each Offering“, Snapchat

まとめ

動画広告の種類とフォーマットも多種多様であり、掲載する媒体やそのユーザー規模、利用のされ方によって動画広告の掲載のされ方も異なります。また、最近のSNSは低い予算で動画広告を出稿することを可能にしており、参入障壁が低く設けられている点も共通しているようです。

ターゲット、期間、フォーマット、そして得られる効果をしっかり見定めた上で動画広告を掲載することで、より効率的に高いエンゲージメントを得ることが可能になります。

「継続的な動画マーケティングを行いたい」と思うあなたへ

当媒体MOVIE CONTENTS LABを運営するカクテルメイク株式会社では、映像制作をはじめ、動画広告の支援や動画メディアコンサルテイングや立ち上げ支援など動画マーケティングに関するお仕事をおこなってきました。

多くのお客様を支援してきて、企業の動画活用には「制作ノウハウ」「コスト」などの課題があることがわかりました。

そこで、知識不要・最短1分で動画コンテンツの内製化を支援するサービス「RICHKA(リチカ)」を開発しました。

「継続的な動画マーケティング」を行いたいとお考えの経営者・事業責任者・マーケッターの方は、ぜひ、チェックしてみてください。

知識不要・最短1分動画生成ツール「RICHKA(リチカ)」はこちら

運営会社提供サービス

動画のコンテンツマーケティングサービスmovicoが運営しています

カクテルメイク株式会社が運営するmovicoは、企画・制作だけでなく戦略立案、分析、広告運用までデータに基づいた運営を実現しているサービスです。制作する動画は、モーショングラフィックスに特化し、撮影を極力行わないことで圧倒的な高速納品を実現しており、月間約300コンテンツを制作しております。

動画×コンテンツマーケティング研究メディア

MOVIE CONTENTS LABでは、コンテンツマーケティング中でも主に動画を活用した事例や最新情報をお届けします。
SNSや広告、分散型メディアなど、マーケティングに携わる方に役立つ情報をお届けします。