配信側も楽しめる!?運用コンテンツ系動画で中・長期的なマーケティングを目指す

  • [投稿日]2016/09/02 [最終更新日]2017.10.20
配信側も楽しめる!?運用コンテンツ系動画で中・長期的なマーケティングを目指す

参照:https://www.youtube.com/user/takaratomychannel

突然ですが、新聞や雑誌を定期講読されている方に質問です。
何故定期講読を選んだのでしょうか?常に新しい情報を得る為?それとも学びの為?

何れにしても「必要」だから、定期講読をされたのですよね。

実は動画の世界でも同じことが言えます。
それが今回ご紹介する「運用コンテンツ系動画」です。

動画が趣味の方にはおなじみでしょうか?

特にYoutuberと呼ばれる中でもゲーム実況者に多くみられますよね。

配信側も受信側も楽しめる動画のスタイルなので、是非ご覧頂ければと思います。

運用コンテンツ系動画とは?

定期的に更新されていくコンテンツ動画のことです。動画の場合、所謂シリーズ化をして一定期間或いはそれよりも長く、トピックに関する内容を視聴者に届けます。

雑誌の連載をイメージして頂けると分かりやすいかと思います。

例を上げると、下記のタカラトミーさんが行っているプラレールの紹介などがこれに当てはまります。

タカラトミー

運用コンテンツは定期的に更新されていくので、続きが気になったり、内容に魅了されたりと、人の好奇心を利用し、安定した視聴者数を稼げるのが特徴です。

ただし定期的に更新していくことは、その都度求められているものに対応していく柔軟性も含まれるので、続けていくうちに視聴者が飽きてしまったり、配信側の着地点が分からなくなってしまうこともあります。

運用コンテンツ系動画のメリット

更新し続けることで検索順位があがる

今年5月にGoogleが検索順位を改善したのはご存知でしょうか?一時期ウイルスのように拡がりをみせたキュレーションサイトが急に少なくなりましたよね。

これだけ情報が行き交う中で程度の低いもの、信用性の無いもの、古いものはGoogleが検索順位の下落対象にしたのです。

つまり質が良く、定期更新される運用コンテンツ系動画は、検索において高い順位を保てる可能性があるということになります。

視聴者側の感性に合えばリピーターとなる可能性が高い

先述したように、運用コンテンツ系動画は、人の好奇心と密着しています。

続きがみたい方はチャンネル登録をするでしょうし、再度サイトに訪れる確率も高いです。リピーターが増えれば、そのサイトは検索順位があがるので、必然的に人の目に触れることになります。

あるだけでボリュームのあるサイトに変化

最後にサイトのボリュームです。

内容が薄いサイトを見て皆さんはどう思うでしょうか?見て損した、ガッカリしたなど、恐らく次に訪れることはないと思います。

しかし動画をそこに置くだけで、一気にボリュームがアップしますよね。

実際の活用例

【森永 天使のお菓子レシピ】もっちりキャラメルチョコバー

森永が定期運用していた自社商品を使ったレシピ。かんたんなレシピが多いのでお子さまでも安心です。現在は自社サイトにてテキスト配信しています。

【LEXUS】Friday Night – Official Teaser Trailer – The 3rd Annual Lexus Short Films Series.

ハイクラスカーブランドの一つレクサスが作るショートムービー。

ハリウッドさながらの演出とさりげない自社商品のPRがバランスよく、通常のCMとはまた違った印象を感じさせます。

【パナソニック公式】ふだんプレミアム実証ムービー 洗濯機:#037 衣類のしょうゆ汚れ、よく落ちるのはドラム式?タテ型?

普段の生活を特別なものに変えるふだんプレミアムの定期実証動画。

購入者は商品の購入に至るまでの間、様々な不安があるので、複数の実証をして貰える本シリーズは、非常に購入者の視点で考えられた良い例の一つです。

まとめ

運用コンテンツ系動画は、中・長期的に更新されることによって集客を試みる動画の形態です。定期的な更新によって質の良い動画を提供し、コンテンツのボリュームもアップ。

検索エンジンの順位を上げることにも繋がります。

MOVIE CONTENTS LAB 編集部

この記事を書いた人

MOVIE CONTENTS LAB 編集部

関連ワード

コメントは受け付けていません。

関連記事

“記事制作のように、動画制作”
しませんか?