動画×コンテンツマーケティングの研究メディア
Powered by

BtoB事業者が特に意識した方が良い動画の数値指標6つ

  • [投稿日]2015/12/21 [最終更新日]2017.04.21
BtoB事業者が特に意識した方が良い動画の数値指標6つ

貴社の動画、流しっぱなしになっていませんか?

そんなつもりはなくても、それぞれの動画に対して、どんな指標を設定していったら良いのかが難しい、という方もかなりいるようです。

WEBで動画を流す最大のメリットのひとつは、「効果を測定しやすくて、改善をスピーディに行えること」です。効果の指標を設定しないことは、メリットを放棄してしまっているといっても過言ではないですよね。
 

とはいえ、現在は動画の効果指標もたくさんあります。
そこで今回は、特にBtoB事業者の方々向け、更にそのなかでも絶対に知っておいたほうが良いと思われる指標に絞ってご紹介していきます。

 

再生数

動画運用において最もシンプルな指標の一つが「再生数」です。“その動画が何回見られたか”という数字は、非常にわかりやすく数字に現れる結果の一つですよね。

ただ、「再生数」を“最も重要な”指標として運用担当者がとらえるのは、同時に危険なことでもあるんです。 動画をマーケティングツールとして考えたとき、ひたすら広範に視聴されることだけが目的になることはあまり多くありません。寧ろ、「如何に問合せや購買につなげるか」の方が会社的に重要な場合が多そうじゃないですか?

より多くの人に見てもらうということももちろん重要ですが、「再生数」ばかり追ってしまった結果、本来の目的を見失わないことも同様に意識したいポイントです。

 

再生率

再生率は、視聴者が動画をどのくらいクリックして、再生してくれたのかをはかる指標です。特に、サイトに動画を埋め込む場合に重要になりそうですね。再生率は、以下の式で計算します。

再生率=動画の再生数÷動画が埋め込まれたページのPV数(ページビュー数)

自社のサイトに動画を埋め込む場合、貴社にとってその動画は訪問者に対して「なるべく見てもらいたい」動画のはずです。仮に、「複雑な商品説明をわかりやすくした動画」を設置していたとき、再生率が低ければすぐにでも対策を考えなければいけませんよね。

再生率を改善するポイントには、以下のようなものがあります。

①なるべく気づかれやすい場所(ページの上部など)に設置する

②動画のサムネイル(再生前の画像)を目につきやすいデザインにする

③動画の説明文を工夫する

④動画の内容自体を見なおしてみる

 

CVR(再生数に対して視聴者が行動に移した割合)

動画の再生数に満足していたら、実は視聴者に望む行動(問合せ、自社HPへの訪問など)はぜんぜん取られていなかった。。。なんてことになったらと思うと、ゾッとしますよね。

視聴者の行動に効果をあたえられているのかを計測する指標のひとつが、CVR(Conversion Rate/コンバージョン率)です。動画でのCVRは、以下の式で計算します。

CVR=動画の再生数÷コンバージョン数

コンバージョン数は、貴社が何を「コンバージョン」にするかで変わります。資料請求、問合せのクリック、商品の詳細ページへの移動などなど。

逆にいえば、動画の目標が明確でないと、CVRを正しく計測していくことはできません。「視聴者にどんな行動をとってもらいたいのか」を、動画製作時から考えておきましょう。

CVRを改善する方法は、何をコンバージョンに設定するかによっても変わります。今回は、なかでも基本的なものをご紹介します。

①動画の設置場所を見直す(次の行動が取りやすい場所にあるか)

②ページ全体の文脈を確認する

③メリットを明確に伝える内容にする

④動画内で次の行動をしっかりとアナウンスする

 

視聴者維持率

視聴者維持率は、「その動画をどこまで(何%)見たのか」をはかる指標です。主に、動画の「質」を確かめるために使われています。

必ずしも最後まで観てもらうことが重要、ということではありません。ブランドの雰囲気を伝えたり、企業メッセージを発信する場合などには、雰囲気、イメージさえ伝わっていればといあえず成功といえます。

ただ、視聴後に問合せボタンをクリックさせたり、商品紹介用の動画だったりする場合には、なるべく長く視聴してもらいところです。特にBtoB事業者の方々にとっては、上記のような動画の使いかたも多いのではないでしょうか。動画の種類によっては、視聴者維持率もとてもに重要な指標になりそうです。

視聴者維持率を改善する方法は、以下のようなものです。

①疑問や課題を解決できる内容にする

②余分な内容をそぎ落とし内容をスッキリさせる

③異なる趣旨の内容はできるだけ別々の動画にする

④視聴を止められるポイントを改善する

 

サイト自体の直帰率、滞在時間

直帰率とは、訪問者が1ページしか見ずにサイトを離れてしまった数の割合です。滞在時間は、文字通りサイトに居続けてくれた時間ですね。

動画をサイトに埋め込むと、動画だけでなくサイト全体にも良い効果をもたらしてくれます(詳しくはこちらの記事でも紹介しています)。
たとえば動画の設置前と設置後、サイトの直帰率や滞在時間などの変化を見ることで動画の効果を測定することもできます。

 

ROI

ROI(Return On Investment/投資対効果)は、動画においても常に意識したい指標です。

動画の指標として設定する場合、何を投資金額に対する効果(収益)とするかは難しいところです。とはいえ、動画の制作には必ず費用がかかります。上記のCVRなどを用いて、その費用に対してどのくらいの収益があがったのかを考えることは、動画というコンテンツにおいても重要だと思いませんか?

 

まとめ

今回は自社で広告動画を運用するにあたって、メジャーな指標をご紹介しました。どれも無視できない重要な指標ですが、どれを使うにしても“そもそも何故動画運用をするのか”やを意識した取り組みが必要になりそうです。

コマケン編集部

この記事を書いた人

コマケン編集部

関連ワード

コメントは受け付けていません。

関連記事

“記事制作のように、動画制作”
しませんか?