動画×コンテンツマーケティングの研究メディア
Powered by

GANMA!タイトルムービーで躍動感を演出。GIFよりも関心度を高める方法

  • [投稿日]2016/11/21 [最終更新日]2017.06.16
GANMA!タイトルムービーで躍動感を演出。GIFよりも関心度を高める方法

(出典:GANMA!
漫画の宝庫と言えば、ここ日本。

しかしながら、社会がデジタル化した今では漫画や雑誌をわざわざ購入する人は年々減っており、それを表すかのように廃刊するものも増えてきています。

そこで台頭してきたのが電子書籍です。

今回は中でも無料漫画アプリ「GANMA!」がビジネスアプローチとして使っているタイトルムービーについてご紹介します。

タイトルムービーとは

映画や広告業界では、オープニングムービーと言われているものに近いかと思います。視聴者が関心を持つように促す動画です。

大体CMなどと一緒で20秒〜30秒という短い動画を使います。

最近ではキュレーションサイトや分散型メディアでも、アイキャッチ画像の代わりとして使われているので知らず知らずの内に皆さんも観たことがあるかもしれませんね。

これまで広告動画と言えばGIFが主流でしたし、もちろん今でも多く使われている手法です。

しかしながら、GIF動画には滑らかさがなく内容も一部分しか分からないので、例えば小説や今回取り上げる漫画などでは、実際に読んだ内容と大きく違うと作品に問題がなくても批判されることが問題となっています。

そういった面でもタイトルムービーは重宝されているのです。

GANMA!で使われているタイトルムービー

タイトルムービー例
(出典:GANMA!
※ムービーはアプリでのみ視聴可能 2016年11月21日現在

「GANMA!」の場合は、各漫画のページにあるヘッダー部分に挿入されているので、より作品に関心度を高める役割を担っています。

塗りの工程さえすればアニメのように出来るものを、敢えて白黒ベースにしている点が、漫画独自の風合い性を残していて漫画好きには支持される動画です。又、動画となるとどのようなジャンルの物語なのかも分かりやすいですよね。

皆さんも広告での謳い文句から期待していたストーリーとは全く違うなんてことは、一度や二度に限らず経験があるのではないでしょうか?

そのような時、「騙された」と思いますよね。

ユーザーの不快感を少なくするためにも、GANMA!のタイトルムービーは非常に優れています。

その甲斐あってかタイトルムービーを活用している作品は、600,000,000PVを記録し、GANMA!のアプリ自体も400万ダウンロードを突破しました。

タイトルムービーを積極的に

タイトルムービー制作

ユーザーの好奇心を惹きながら内容も重視するとなると、限られた時間の中では難しいことです。まして現代人の活字離れを考えるとずらずらとテキストで説明されても苦痛に感じる人もいるかもしれません。

その点、前置きにタイトルムービーがあると興味と大まかな内容を30秒以内で伝えることも可能です。

これは漫画だけに留まらず、例えばプレゼンや、説明書の代わりなどにも使用できます。又、作成するにも時間と費用は企業のPRや広告よりもかからないでしょう。

更に簡単なものであれば自分自身で作れるというのも一つの魅力です。

タイトルムービーの今後の課題

今は真新しいタイトルムービーも年が明ければ、当たり前の売り込み方になる可能性はあります。ただし、一つ懸念とされることは、タイトルムービーまでユーザーをどう誘導するかです。

GANMA!の場合は、まずアプリのインストールから始まります。

そこからムービーを見て貰うまでが難関です。

現在GANMA!で使われているものは、ヘッダーのムービーボタンを押さないと再生されません。ボタンも大きくはないので見逃しているユーザーも少なくないでしょう。

企業によって目的は変わりますが、なるべく最短のルートになるように改良が必要です。

まとめ

GANMA!が使用しているタイトルムービーは、ユーザーのアイキャッチに非常に優れています。通常のアイキャッチでは出来ない情報伝達でミスリードなどを防ぐことが可能です。

既にGANMA!ではタイトルムービーを使用している作品が600,000,000PVを達成し、一つの成功例となっています。

今後の課題としてはユーザーをムービーまでスムーズに誘導することが求められるでしょう。

コマケン編集部

この記事を書いた人

コマケン編集部

関連ワード

コメントは受け付けていません。

関連記事

“記事制作のように、動画制作”
しませんか?