動画×コンテンツマーケティングの研究メディア
Powered by

LINE LIVEをビジネス活用している公式アカウント8社

  • [投稿日]2016/08/26 [最終更新日]2017.04.21
LINE LIVEをビジネス活用している公式アカウント8社

一般ユーザーもライブ配信可能となってから益々盛り上がりをみせる「LINE LIVE」。多いものでは100万回を超える再生数がある動画もあちらこちらで観られるようになりました。

しかし、一般ユーザーがライブ配信可能となっても、実際何を撮影したらいいのか悩んでおられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

既に公式チャンネルとして放送を行っている企業や法人は、どのようなライブ配信を通じてビジネス活用をしているのでしょう。

今回は企業公式アカウント8社をご紹介します。

ビジネス活用している公式アカウント8社

LINE進学 「法政大学 presents 実践知情熱ラボ@多摩キャンパス」

受験生向けのライブ配信。

学部による模擬授業や在校生によるプレゼンテーションなど、これから入学を目的としている方に学校の内容を届けるチャンネルです。再生数は14万以上、ハートの数も1万を超え、視聴者の関心が高いことが分かります。

サマンサタバサグループ 「表参道のサマンサがスイーツ工場に!乃木坂46がその世界を体験」

女性に人気のサマンサタバサ公式アカウント。ブランドではバッグが一番知られていますが、実はゴルフ、スイーツ、アパレルも展開されています。アイドルをリポーターとして起用することで、スイーツが持つ可愛らしさを表現。

再生数は60万超えです。

「スタディサプリ高校講座・大学受験講座」のLINE LIVEチャンネル

スタディサプリに興味がある受験生を対象に特別授業をライブ配信。

しかしながら、LINE,LINE LIVE両方のアカウントでスタディサプリを友達追加しないと観られない限定ライブ。限定が付くことで、既にスタディサプリを使っている人にも観たいと思わせる工夫の一つです。

「ソフトバンク」のLINE LIVEチャンネル

なかなか観られない新CM発表会をノーカットライブ配信。一足はやく新CMを視聴することが出来、更に出演者のトークイベントもラストまで聴けることも魅力の一つ。

再生数はなんと200万超え。

「東京ガールズコレクション」のLINE LIVEチャンネル

コレクションに登場するモデルたちの裏トークが聴けるライブチャンネルです。ストーリー企画や模擬デートなど男女問わず楽しめる配信内容。

TGCを観た方はもちろん、観れなかった方も配信を通じてモデルの新たな一面を発見できるかもしれません。累計再生数40万回。

「au」のLINE LIVEチャンネル

本来、株主やメディアに発信していた情報を一般にも公開。話題の新CMやプロジェクトなどauをより詳しく知ることが出来るチャンネル。au利用者でも「こんな企画あったの!?」なんてことも。長い尺のライブ動画が多いですが、200万近くの再生数を保っています。

「ライブドアブログ」のLINE LIVEチャンネル

ブログに載せる写真をどちらがオシャレに撮れるか競わせる企画などをライブ配信。SNS利用者ならずとも、使えるテクニックが満載なので勉強にもなりますよね。視聴者参加型のバトルというのもユーザーを飽きさせないポイントの一つです。再生回数約25万回。ハート数5万超え。

「オールナイトニッポン」のLINE LIVEチャンネル

超有名ラジオ番組の放送終了後を配信。番組では聞けなかったMCのアフタートークは、ファン以外も楽しめる内容です。また、ラジオではみられないMCの表情や表現もLIVE配信ならではのメリットがあります。

まとめ

一般のライブ放送が解禁になっても、まだまだチャンネル数は少ないLINE LIVE。どんな動画を放送するのか悩んでいる方は、企業公式チャンネルをご覧になってから作成に至ってみると、案外スムーズに構想できるかもしれません。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

コマケン編集部

この記事を書いた人

コマケン編集部

関連ワード

コメントは受け付けていません。

関連記事

“記事制作のように、動画制作”
しませんか?